プロジェクト概要

仙台スポーツボランティアプロジェクトとは

スポーツボランティアの方々が、より活動しやすい環境づくりや活動ノウハウの体系化を通して、仙台・宮城地域のスポーツボランティアを盛り上げるプロジェクトです。

そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピック、及びその後を見据え、仙台・宮城地域においてスポーツボランティアを文化として根付かせるとともに、将来的には仙台・宮城発の先進的なボランティアモデルとして全国にも広めていくことを目指します。

仙台市「協働まちづくり推進助成事業 平成29年度モデル事業」採択事業

活動内容

情報収集&発信
スポーツボランティアの募集情報を収集してwebサイトに掲載すると同時に、ボランティア活動の様子をブログでお伝えします。 たくさんの情報を発信することでボランティア参加者を増やしていきます。
※現在ボランティア募集情報の収集を実施しております。webサイトでの公開まで少しお待ちください。

スポーツボランティア研修
日本スポーツボランティアネットワーク(JSVN)開発のスポーツボランティア研修を仙台で実施します。JSVNの研修に加えて仙台オリジナルの研修も同時に実施し、研修を通じてボランティアのレベルアップを図ります。

プロジェクトチーム


2011年の東日本大震災をきっかけに活動を開始。災害復興のみではなく、ボランティアを求める人とボランティアをつなげることで、日本におけるボランティア人口の増加と、ボランティアをもっとカジュアルにすることを目標に活動を実施しています。
http://volunteerinfo.jp/

市民スポーツボランティアSV2004
宮城県を中心にスポーツ文化の振興のために活動する市民グループです。プロ野球初のボランティアである「楽天イーグルス」や、プロバスケットボールの「仙台89ERS」のボランティアサポートから、さまざまな自主企画やスポーツ組織と連携した企画を開催、種目や地域の枠を越えたスポーツボランティアのネットワーク作りにも参加しています。
https://sv2004.jimdo.com/

東北・北海道唯一の体育学部体育学科を有する四年制大学として、1967年(昭和42年)に開学した仙台大学は本年度50周年を迎えました。建学の精神として「実学と創意工夫」を掲げ「Sports For All」を教育理念に、今さらなる飛躍の50年を展望しつつ新たなスタートを切っています。
https://www.sendaidaigaku.jp/

協力:スポーツコミッションせんだい

PAGE TOP